『Void Stranger』クリア者向けストーリー完全解説/考察(全部ネタバレ)

※Void Strangerをクリアした人向け完全ネタバレ記事です! クリアした人以外読まないでください!

store.steampowered.com

 

Void Strangerをクリアした方の中には、ストーリーがまだ完全にわかっていない、という方もいると思います。

この記事では、Void Strangerのストーリーがどういうものだったのか、時系列に沿って解説/考察していきます。

なお、Void StrangerのストーリーはSystem Erasureの前作『Zero Ranger』とも密接に関わっていると思われますので、そのネタバレもします。

また、筆者が推測で補っているところも多々あるため、これが唯一の正解というわけではありません。頻繁にアプデで要素が追加されているゲームでもあるため、考察材料が今後増えるかもしれませんが、ひとまず2024年5月時点での考察になります。25000字の研究報告。

ちなみに筆者はすでに100時間近くVoidを彷徨って献身を捧げています。君も三桁時間の虚無を彷徨って自分だけの物語を作ろう。

(プレイにはおのさんの非公式日本語化パッチを使用させていただいています)

続きを読む

インディーならではの尖りきった神ゲー。超濃厚パズルゲーム『Void Stranger』紹介(ネタバレなし)

Void Stranger

ハード:PC(steamitch.io) 定価:1400円 メーカー:System Erasure

(日本語未対応ですが有志による非公式日本語化パッチあり。英語得意でなければ基本的には入れるのをおすすめ)

store.steampowered.com

(プレイ時間:73時間)

神ゲーでした。

フィンランドゲームクリエイターたった2人が作り上げた、インディーならではのあまりに尖りきった鋭利なゲーム。

基本骨子はGBライクなビジュアルの、いわゆる「倉庫番」ゲームです。しかもプレイの大部分が数十時間にも及ぶパズル無間地獄。それでも、このゲームのストーリー、キャラクター、音楽、演出、難問パズル、システム、そのすべてが心に深く刺さったまま抜けそうにありません。

数年前にプレイした「Outer Wilds」が僕にとっては生涯ベスト級のゲームで、いまだにその幻影を求めてゲームをしているところがあるのですが、個人的にはここ数年で一番それに匹敵するぐらい好きなゲームになりました。

 

ただ、悩ましいのはこのゲーム、「いいから何も調べずにプレイして」と言うのはあまりにも乱暴というか、凄まじく人を選ぶゲームでもあります。

Outer Wildsの時に「かーっ、このゲーム人を選ぶからなーっ」とか言っていたものの、Outer Wildsの「人を選ぶ度」が60だとしたらVoid Strangerのそれは200ぐらいある気がします。

 

はっきり言って、僕にとっては神ゲーでも、向いていない人にとっては果てしないお金と時間の無駄になる可能性が大いにある。

その不幸な出逢いを避けるため、ゲーム紹介と共に最低限の忠告だけはしておきたい。

どういう人に向いていて、どういう人に向いていないかを。

 

ちなみに、向き不向きの言葉を尽くす前に、ゲームに詳しい人が類似ゲームをやっていれば説明は不要だと思うので、まず共通点のあるゲームの名前だけを挙げておきますが、『The Witness』『LA-MULANA』『FEZ』、そして『Outer Wilds』です。パズルは難しめですが『Baba is you』よりは少し簡単かなってぐらい。

これら全部のゲームが好きだった人(キレなかった人でもいい)ならここから下は別に読まなくても耐性は大丈夫です、時間があれば絶対やりましょう。

 

では、このゲームに向いていない人の条件を述べると……。

 

①一本のゲームに数十時間かける余裕がない人

このゲーム、普通に納得行くまでプレイするには50時間~100時間はかかると思います。

しかも、プレイ中「なんとなくこのゲームの底が見えてきたかな? だいたいこんな感じだったかな」って思った瞬間、「ざんねーん、もっと深いでーす!」って奈落に突き落とされます。それも1回や2回ではなく数回。

絶対に、時間の余裕がない時にやってはいけません。

もしやってしまったら、あなたは魅力的なキャラクターやストーリーの行く末が気になり過ぎて何も手につかなくなってしまうでしょう。

 

②パズルゲームが嫌い、苦手

基本はパズル無間地獄です。

 

③忍耐の許容度が低い

プレイヤーに強いるものが非常に多いゲームです。

この倉庫番にアンドゥはありません。「今どき」です。また、数時間が無駄になることも普通にありえます。おそらく、それはゲームが表現したいことを伝えるのに必要なものだと思うのですが、許せない人もまあいるだろうな……という感じです。

当然のように説明や誘導も最小限。インディーゲームでしか許されない建て付け。万人にウケることなど考えずクリエイターが作りたいものを作ってこそのインディーゲームでもあると思っているので、それを許容できるかどうか。

 

……とはいえぶっちゃけた話、パズル部分で延々と考えてどうしても解けないとか、何か途方に暮れてしまうようなことがあったなら、Steamのガイドページなどから若干のヒント類を探して見ちゃってもいいような気もします、個人的には。(その……僕も若干ね……テヘヘ……)

もちろんある程度自分で考えるべきゲームではありますが、どうしてもの部分をいくらかのヒントに頼ったとしても、魅力が大幅に減じるようなゲームでもないと思います。単純にパズルを解くだけのゲームではないので……。

 

ただ、少なくとも苦痛を感じる程度にはがんばりましょう。

動画や実況で済ませるのはもったいないです。

その苦痛があなたのものであるからこそ刺さる物語、そしてインディーゲームでしか成立しない表現があります。

とにかく、僕がこのゲームをプレイしていた一ヶ月ぐらいはただひたすらこのゲームのことだけを考え、その時間は非常に幸せでした。

 

でも足りない。僕はもっとネットでたくさんこのゲームの話がしたいし読みたいし、ファンアートももっと見たい。考察ももっと深く考えたい。

なんつうかこのゲーム、噛んでも噛んでも味がするんだよお! こんなのOuter Wilds以来だよほんとに!!

このゲームに向いている人は一本のゲームを気が済むまでしゃぶり尽くせる人です。適性のあるあなた、一緒にVoidに堕ちていきましょう。あとはがんばってください。

 

 

なお、ネタバレありで語りたいこと(主にストーリー面での考察)もたくさんあるので、後日別のネタバレ考察記事も書こうと思っています

→2024.5.28 書きました。完全ネタバレでストーリーの解説をしています。クリアした人のみどうぞ!

『Void Stranger』クリア者向けストーリー完全解説/考察(全部ネタバレ) - やや最果てのブログ

1/25新作『隣の部屋のダ天使に、隠しごとは通じない。』発売します

砂義です。今年もよろしくお願いします。

今後Xに何かあったらブログで告知していきます。

 

さておき、『隣の部屋のダ天使に、隠しごとは通じない。』(著者使用略称:隣ダ天)という新作ライトノベルMF文庫J様より2024年1月25日に出版されます。

あらすじなど

mfbunkoj.jp

天使と悪魔が存在する世界観で、悪魔がした完全犯罪を天使が暴くというミステリっぽい感じのエンタメ小説です。(予防線を張ってるのは担当さんが「これをミステリって言ったら叩かれるかも……?」って心配してたからです。個人的にはそれでもいいと思ってます。思春期にメフィスト賞とかあの辺の読んで育ってきたんで……。)

個人的にすごく楽しんで書けた作品です。自作の中では『天網炎上カグツチ』に並ぶくらい気に入っています。

何より、表紙に描かれてる今回のヒロイン、ペネメー・リドルリドルさん可愛くないですか? 読者さんがヒロインを可愛いと思ってくれたら僕がどんなにトンチキなトリックやお話を書いても許される。そういう仕組みになってます。よろしくお願いします。

 

『隣ダ天』公式Xアカウントというのも作っていただきました。

販促のために色々面白い企画を準備しているのでぜひフォローしてみてください。

https://twitter.com/tonari_datenshi

 

各種店舗特典もあり、店舗違いでSSを4種ほど書きました。

なんと、ゲーマーズさんにおいてはかるかるめ先生描き下ろしタペストリーが付く限定版というものまで出してもらえます。やや肌色多めで可愛くてエッッッッ!

ありがたいことです。ペネさんのグッズ、喉から手が出るほど欲しかったんです。自分の作品のグッズとか超久しぶりなのでとても嬉しい。このタペストリーをこの世に生み出せただけで素晴らしい仕事ができた。この機会、みんなも逃さないでほしい。

 

各店舗リンク&SS紹介

ゲーマーズさま

限定版

www.gamers.co.jp

通常版

【小説】隣の部屋のダ天使に、隠しごとは通じない。 | ゲーマーズ 書籍商品の総合通販

タペストリーイラスト

店舗特典SS

『VR世界のダ天使にも、隠しごとは通じない。』

冥賀くんとペネさんが某qu〇st3でわいわい遊ぶ話です。

このSSは限定版にも通常版にもつきます。

 

メロンブックスさま

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=2178940

店舗特典SS

『潜入! 怪奇ミンテンドーランド!』
主役コンビの冥賀くんとペネさんがミンテンドーという架空のゲーム会社の遊園地へ遊びに行く話です。架空です。たぶん。

 

アニメイトさま

【小説】隣の部屋のダ天使に、隠しごとは通じない。(1) | アニメイト

店舗特典SS

『サハリエル・フィンジストックの(なにかが)消失』

強い女枠のキャラ・サハリエルさんが色々なものを剥き出しにして頑張るお話です。

 

電子書籍特典SS

『真理亜のインターネット天下一武道会

レスバ能力が圧倒的である妹キャラの真理亜がネット上で戦う話です! 色々アレ!

Kindle

amzn.asia

Bookwalker

bookwalker.jp

など

 

色々宣伝しましたが、なにより楽しんでくれる人がたくさんいたらいいなあと思ってます。よろしくお願いします!

Outer Wilds(本編)をクリアした人がまだ知らないかもしれないこと(全部ネタバレ)

初めて来た方は→当ブログのOuter Wilds記事目次

(2024/6/12 新規イースターエッグ『シュタインズ・ゲート』情報と段階的ヒント追加)

 

この記事は、Outer Wilds(本編)をクリアした人がまだ知らないかもしれない、「ちょっとした小ネタ」をまとめたものです。DLC『Echoes of the Eye』の情報は含まれていないので本編をクリアした時点で読めます(DLCの小ネタは別にまとめてあります)。考察記事へのリンク集などは別記事に。

当然のごとく全ての記事がネタバレ全開のクリアした人向け記事です。

ゲームをクリアしてない人は絶対に絶対に読まないでね!

続きを読む

Outer Wilds成分が不足しすぎている人へ。日本語で遊べる「ストーリーMOD」を紹介します!

(初めて来た人はこちらへ→当ブログのOuter Wilds記事まとめ

 

全国1億人(推定)のOuter Wildsゾンビのみなさん、探求してますか!

 

2022年5月に『Outer Wilds』を開発しているメーカーMobius Digital Gamesのファンコンテンツポリシーが更新され、「無料配付」「本編中のアセットなどを含まない」などの条件でMOD(PC版のゲームを改造するもの)の制作・配付が公認されました。

 

Mobius Digital Fan Content Policy - Mobius Digital

What about mods?
We love mods of our games! You’re more than welcome to make a mod. As long as it’s free and follows the above guidelines, notably not violating the EULA, you should be okay.

(私たちは私たちのゲームのmodが大好きです! modを作るのは大歓迎です。無料で上記のガイドラインに従っている限り、特に EULA に違反していない限り、問題ありません。)

 

ということで、さっそく主に海外のOuter Wildsゾンビ有志によって様々なMODが作られているのですが、その中には「ストーリーMOD」という、二次創作的な「物語」をゲームで楽しめるものもいくつかあります。

そしてさらにありがたいことに、日本Outer Wildsゾンビ有志によって日本語訳されて日本語で遊ぶことができるものもあるんです!

ということで、本記事はおすすめストーリーMOD(日本語翻訳済み)の紹介です。

あくまで二次創作なので解釈違いなどが起きる人もいるかもしれませんが、何でも許せる人なら少しだけOuter Wildsロスが埋まるかもしれませんよ。中にはかなり出来がいいものもあります!

ということで導入法や概要を説明していきます!

 

※注意事項※

(本日紹介するストーリーMODはすべて、DLC「Echoes of the Eye」までクリアしていることが前提になっています。本編しかクリアしていない人はまずDLCをクリアしましょう。)

(また、MODの性質上、導入したことでPCに不具合が発生した、セーブデータが消えたなどの事象が発生した場合もこちらで責任は負いかねます。すべて自己責任でよろしくお願いします!)

(あと当然のことながら対応はPC版のみです。Switch版の発売もいまだに未定なので、このためにPCでゲームができる環境を整えるのもありかもしれません!)

 

1.導入方法

既にPCにOuter Wildsがインストールされていることを前提とします。

まず、MODすべての基本となる「Outer Wilds Mod Manager」というソフトがあります。最初にこちらを導入しましょう!

 

Outer WildsのMODを配付している元のページ

https://outerwildsmods.com/

ここから「Maneger」タブ(以下ページ)へ。

https://outerwildsmods.com/mod-manager/

緑の大きなボタンからダウンロードしてインストールします。(何か聞かれても全て「はい」)

そうしたら、インストールしたOuter Wilds Mod Managerを開きましょう。

このような画面が出てくるはずです。

ざっくり説明すると

Enabled mods→オンになっているMOD

Installed mods(disabled)→インストールしたがオフになっているMOD

Available mods→インストール可能なMOD

で、四角で囲まれたチェックボックスがMODのオンオフ、その右のボタンがMODダウンロード(時計マークは更新)、さらに右がRead Meです。最新版になっていないMODは常に最新版にしておきましょう。

ここの「Available mods」の中から、必要なMODを選んでダウンロード、Enableにしていくわけです。

ちなみに今回紹介するストーリーMOD以外のMODには、

NomaiVR(Outer WildsをVRで遊べるようにするMOD)

Light Bramble(闇のイバラの「アレ」を消し去ったりできるMOD)

などがあります。

手順としては、最初に何をするにも必須のMODである「OWML」をダウンロード・インストール。

その後、今回紹介する遊びたいMODに応じて必要MODをインストールしていきます。例えば『The Outsider』が遊びたいのであれば、「The Outsider」と「Translation for The Outsider」の2つをダウンロードして、チェックボックスをオン。

『THE VISION』だったら、「New Horizons」を初めとして必須MODがちょこちょこあるので要求されるものをすべてオンにします。(通常ならThe Visionをオンにした時に必須MODも教えてくれるはず)

ここで大事なのは、それぞれのMODが干渉しないよう、遊びたいストーリーに使わないMODはきちんとオフにしておくこと!(例えばThe VisionをやったあとごちゃごちゃオンになってるMODをそのままにしてThe Outsiderをやろうとしたら進行に支障が出ます。)

 

ちなみにMODを使用してゲームを遊ぶ場合は、steamやゲームアイコンからではなく、MOD Manager内の右上「START GAME」からゲームを起動します。

きちんとMODが適用できていれば、タイトル画面から変わっているはずです。

こんな感じ。

2.ストーリーMOD(日本語あり)紹介

それでは紹介です。

今回紹介するのは『The Vision』と『The Outsider』という2つのストーリーMODです。どちらも日本語翻訳あり!(関係者各位に感謝)

 

『The Vision

作者:hearth1anさん

日本語訳:9638さん

おすすめ度:☆☆☆

必要MOD:「The Vision」「New Horizons」「Vanilla Fix」「Menu Framework」「Common Camera Utility」「Custom Ship Log Modes」

 

The Outsider

作者:Streetlights Behind the Treesさん

日本語訳:オークルさん

おすすめ度:☆☆☆☆☆

必要MOD:「The Outsider」「Translation for The Outsider

 

何一つ情報を仕入れたくない人は、この時点で必要MODだけ確認してプレイしましょう。

 

3.それぞれのMODの簡単な紹介

『The Vision』はもしあれをああ使えたら……? って発想をまとめた短めのストーリーMODです。ただちょっとしたブラックジョークも入っていてそこには正直ちょっと引いてしまった……。終わり方も若干拍子抜けかも? あまり期待しすぎず、IFの発想やストーリーMODの感覚を味わうという点では面白いかもですね。

一方『The Outsider』はすごい! こちらはOuter Wilds界隈でもちょっと話題になっていたのですが本当におすすめ。The Visionに比べると若干ボリュームも多く、謎解きもあるしストーリーMODだけどちゃんと「ゲーム」になっている感じです。何よりこれ用に音楽を作ってるのが強い……。サウンドトラックもYoutubeにあるのでプレイ後に聴けます。

 

ということで今回は2本の日本語で遊べるストーリーMODを紹介しました。

Outer Wildsロス、みんなで埋めていきましょう!

 

2023/11/16追記:この記事執筆以降もたくさんストーリーMODが出ているので、The Outsiderを翻訳してくれたりもしたオークルさんのブログ(精力的に更新されています)で興味持ったものを遊んだりしてみてください!

Outer WildsストーリーMODを色々やってみた | 水面下のブログ

当ブログのOuter Wilds記事まとめ

当ブログのOuter Wilds記事まとめ(2023年5月時点)

おすすめ記事

傑作ゲーム『Outer Wilds』をこれからプレイする人へ伝えておきたいこと全部

ゲームをプレイする前に読める、心構え・おすすめ設定・序盤の進め方など

 

【決定版】Outer Wildsをクリアした(する)人へ、更なる探求の手引き

本編をクリアした人向けの、おすすめサイトや論文などへのリンク集 古くなってるのでそのうち改訂するかも

 

Outer Wilds(本編)をクリアした人がまだ知らないかもしれないこと(全部ネタバレ)

本編をクリアした人向けの小ネタ集(DLCの話なし)

 

『Outer Wilds : Echoes of the Eye』をクリアした人がまだ知らないかもしれないこと(全部ネタバレ)

DLC『Echoes of the Eye』をクリアした人向けの小ネタ集

 

Outer Wilds成分が不足しすぎている人へ。日本語で遊べる「ストーリーMOD」を紹介します!

PCで導入できる「ストーリーMOD」の紹介

おすすめほどでもないちょっとしたOuter Wilds記事

僕個人がクリアした直後の感想です。
 
DLC発売直後に書いた攻略ヒント集。発売当時のなので古いとこもあるかも。
 
人気ラジオ番組アトロクでOuter Wilds、そしてOuter Wildsゾンビという言葉が紹介された時のレポです。なお、その後続報がないのでおそらく宇多丸さんはクリアできずに挫折していると思われます。
 
好きな配信者であるタケラムさんの同人誌に寄稿した、タケラムOuter Wilds配信をおすすめする文章です。
 

当ブログ外の僕が関わったOuter Wilds記事

僕がねとらぼさんに寄稿したDLC『Echoes of the Eye』のレビューです! ちなみに、この当時はPS4でフリーズバグが頻繁に発生してましたが、今は治りましたのでご安心ください。
 

Outer Wildsロスに苦しむゾンビのために「Outer Wildsっぽい栄養が摂取できるエンタメ作品」で打線を組みました - ねとらぼ

この記事は直接僕が書いたわけではないんですが、筆者のてっけんさんたちと一緒に奄美大島に行っておすすめ作品などを考えたりしました。ちなみに最果てのイマを入れてもらったのは僕です。

 

【ゲーム×旅=大正解】Outer Wildsの世界を探して奄美大島に行く

上記の奄美大島旅行のヨッピーさん視点! 演奏動画は僕が撮ったやつを載せてもらいました。

春ゆきてレトロチカ 感想

『春ゆきてレトロチカ』完全クリアしました。

www.jp.square-enix.com

 

実写動画を観ながら進めていくミステリゲーム。

 

ネタバレ厳禁ということもあり先に結論だけ書きますが、「物語」にはわりと満足。ただゲームシステム・ゲームデザイン的な点を中心に少し不満あり、って感じでした。

かまいたちの夜』みたいなミステリゲームが好きだ、などの人は満足できるのではないでしょうか。あとやってて思い出したのは『やるドラ』シリーズ。

逆に言うと、どれだけミステリが好きかでオススメ度にだいぶ幅が出るなあ、とも思いました。

 

以後、完全なネタバレは避けつつもインプレッションを書きますので未プレイの方は注意。

物語部分は、トリックのいくつかには腑に落ちないところもあったけど、「大ネタ」がやられたって感じですごいよかったです。伏線回収がね……ほんとよかった。

 

ゲームシステムに関しての不満点は、まず「仮説」パートがあまり楽しくなかったこと。個人的には単なる絵合わせの「作業」にしか思えなかったし、傾いてる文字が見にくくてストレスがたまるのもなんとかしてほしかった。あれ、要諦は「道を作る」ってことなんだから真上から俯瞰したUIでも別によかったでしょ。

正解もハズレもごちゃまぜにした「仮説」を手に入れていく、ということをやらせたいのはわかるのですが、もう少しシステム練り込んでほしかった。

 

あと個人的に物足りなかったのは、(完全)クリア後要素がほぼないこと。

物語を見せたいのはわかるのでマルチエンディングにする必要は別にないと思うんですが、それでもおまけシナリオみたいなものを入れることを阻むものではなかったと思います。『428』とかだってあったわけだし。

チュンソフトのゲームで育ってきてるから、そこがないと「ないのかー」とは思っちゃいましたね。ましてやフルプライスのゲームなわけだし。動画で作るのは大変なのはわかりますが、それこそ文章だけでも入れてほしかったな。

 

とはいえ、繰り返しますが「物語部分」には僕は満足したので。この手のミステリゲームはいいもんだなあ、もっと出ないかなあ、と改めて思ったのでした。