スキマフェスと早稲田フェス

文化の日ですね。最低限文化的な生活を送るためにイベントにいろいろ行きました。
昼から蒲田でニッチジャンルの同人誌販売イベント「スキマフェスティバル」へ。
http://ketto.com/sf/
ヘッドフォン娘オンリーがあればあと10年は闘えると思っていたら、行った時間が遅めだったこともあったのかそもそもブースの数が少なかったのかそんなにヘッドフォン娘本を買い漁ることができず、そこらの娘さんに「片耳だけでもつけろ! 片耳だけでいいから!」(先っぽだけお願いします理論)と言ってまわるところだった。あぶない。
ていうかジャンルの多寡がすごかった。若本キャラオンリーとかゴルゴオンリーなんか見かけた記憶がないぞ。それでいってストライクウィッチーズが会場の半分くらいを占めていた。
パンツじゃないなら恥ずかしくないのかと思って全裸で歩こうとした。なんだこの発言は。俺病んでるのか。


その後、早稲田まで足を伸ばして、今年はただ単なる客として早稲田祭を見てきた。
http://www.wasedasai.net/
昔在籍していたバンドサークルへ。同期が思っていたよりたくさんいたので、微妙に新陳代謝悪い感じで、淀んだ空気が心地良いかったです。
やっぱライブはええのう。今日はなんかバンドがステージにすら上がってなく客とガン近かったよ。SuiseiNoboAzの石原さんを凝視する。マイ人生ベスト20ぐらいの眼力だ。イマなら猫も殺せるだろう。


飲み前に近所の居酒屋で同期をメインに0次会を行う。
昔Signing Offとかいうバンドとかやってた人たちの遅刻断罪裁判(3年越しで遡及して)。
その他、白木くんが人と目を合わせない理由を考えたり擁護していたら、自分が白木くんと居て居心地がいいのはお互いに目を合わせようという気すら起こらずにいれるからだと気づいた。
あと白木くんはシャイニング娘じゃ抜く気にならなかったそうです。怒られるまでは(白木くんの)個人情報漏洩ブログでもかまわない(かまえ)(撃て)


後輩と飲む方も大変楽しかった。
なんだか爺になってまで押し掛けてすまんね、みんなよくしてくれて。
若い子と話すのも悪くない。いろいろ素敵な夜だった。


俺ももっとやれる事を磨いて尖っていかぬといかんな。
同期や後輩のライブを見たりするのは一番モチベが上がるのである。はいはい利用します。